ホームページサンプル株式会社では最新技術と自然との調和を目指します。

債務整理と民事再生。

借金をしてしまったが自己破産はしたくない、持ち家を手放したくはない、といった場合には、債務整理をし民事再生するのがベストです。



民事再生は地方裁判所に申し建てする必要がある為、弁護士などに相談するのが一般的です。


民事再生を利用する為には継続して収入見込みがある方が対象となっています。また借金総額が5000万円以下の場合には小規模民事再生となり手続きも簡略化されており、住宅を手放さないまま生活を再建していく事ができます。